春野菜の旬を逃さず健康で豊かな生活を作ろう!

 

クレソンについて

クレソンは3月から5月にかけての春先が一番色鮮やかになるとされています。ここからさらに生育してしまうと茎が太くなり硬くなってしまうため口当たりが悪くなってしまいます。そのため、春先のクレソンは特に柔らかく葉っぱの甘味も強く感じられるため、クレソンに対して苦手意識を持っている人は春先に出回っているものを試してみると良いかもしれません。

ヨーロッパ原産の水生植物であるクレソンは繁殖力が非常に強く、各地の清流や小川に群生しています。もしかしたら身近に生えているかもしれない野菜のひとつです。ほろ苦く、少し辛いかいわれ大根にも似た爽やかな風味が特徴的で、主に山梨県で生産されています。その次に沖縄県と愛知県が並んでいます。

クレソンの辛味には「シニグリン」という成分が関係しています。こちらは大根などにも含まれており、利尿作用や食欲増進作用を持っています。さらに血液酸化防止効果、抗菌作用などが認められている他、緑黄色野菜のためベータカロテンも豊富に含まれているのです。さらにカリウムやカルシウムなどのミネラルも含まれているため積極的に摂っていきたい食材だと言われています。付け合わせ以外にもお浸しにして食べるのも効果的です。

 

トップページアスパラガスについてセロリについてクレソンについてタケノコについて菜の花についてリンク集サイトマップ